会社情報 ごあいさつ

エウレカ社 社長 大塚 美樹 エウレカ社は、WDB株式会社の社内カンパニーとして、理学系研究職の正社員型派遣事業を行っています。

私たちは、お客様のもとに自社の研究社員を派遣する立場にあります。だからこそ「研究現場に満足と喜びを提供する会社」であり、「そこで働く社員一人ひとりが、自らの働き方に納得し、継続的に成長できる会社」であるべきだと考えています。これらを両立することは、当社のサービス品質の高さにもつながります。

一方、正社員型派遣は「正社員でありながら、職場では派遣社員」という矛盾を抱えています。その矛盾を超えた先で、社員一人ひとりに必要なものは何か。エウレカ社は、派遣を卒業したい社員には、派遣先での直接雇用やWDBグループ内への異動、望む業界への転職ができるよう指導し、派遣継続を希望する社員には、長期就業できるだけのスキルの習得をサポートします。

派遣就業からの卒業を望む社員、派遣就業を継続したい社員。双方にその先の道を示し、未来を見据えて、社員とともに歩んでいく会社でありたい。そう考えています。

働き方は多様化していますが、どんな働き方にもメリットとデメリットがあります。それをきちんと伝えた上で、社員に教育・指導を行い、成長できるフィールドを用意し、一人ひとりが納得して未来を選択できるようにする。そうして、それぞれが希望するキャリアの実現を支える。それが派遣会社としての私たちの答えです。

「派遣先の事業や風土を理解し、当事者意識を持って行動すること」は、一般的には派遣社員に求めにくい要素といわれていますが、当社はここを心得た社員を派遣しています。それは、お客様の当社に対する期待であり、お客様が当社のサービスを利用してくださる理由だと考えています。そこで働く社員は、経験を活かして自らの能力を高めていきます。この循環を維持することが、私たちエウレカ社のビジネスモデルです。

私たちは、お客様に対してのサービスを「労働力の提供」ではなく「成果の保証」だと捉えています。派遣会社としてのあるべき姿を忘れず、さらにレベルの高いサービスの提供を目指して事業を行ってまいります。

今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

エウレカ社 社長 大塚 美樹