異分野への挑戦 将来の選択肢を広げたい

働く業界:
化学メーカー

2018年度入社
生物学専攻 修士課程修了

働く業界:化学メーカー

2018年度入社
生物学専攻 修士課程修了

地方の学生も
大切にしてくれたエウレカ

エウレカを初めて知ったのは就活サイトです。もともと理学系の仕事に就きたいと思っていたので、研究職として働ける点に魅力を感じました。他社の説明会にも足を運んだのですが、積み上げられるキャリアの説明はエウレカの方が詳しく、いろいろな進路を選択できる出口支援や、将来的に勤務地を自分で決められる制度にも惹かれ、エウレカへの入社を決めました。私は大学が富山だったのですが、エウレカの一次試験はWDBの富山支店で受けることができました。都心部だけでなく、地方に住む学生にも配慮してくれたのは嬉しかったですね。

派遣という働き方について不安がないわけではありませんでしたが「正社員としてエウレカで採用され、就業先で働く」という働き方の仕組みについて、丁寧な説明があったので不安はあまり大きくはありませんでした。

生物専攻から工学系の就業先へ

学生時代の専攻は生物系ですが、就業先は化学業界、業務分野は工学系です。私が希望する就業エリアはバイオ系の就業先が少なく工学系が多いため、異分野への配属となる可能性については、心づもりをしていました。

大学院まではバイオ一本。そのままバイオ系の職に就くのも一つの道ですが、将来の選択肢を広げてみたいという思いもありました。そのため、工学系への配属にはそれほど抵抗はありませんでした。

私の専攻がバイオ系だということはエウレカから話が通っていたので、就業先は「一から教える」という姿勢で迎えてくれました。「派遣だから」という分け隔てはまったくなかったので、就業先の新入社員と同じようにいろいろなことを一から教わる日々でした。使う機器は、FT-IR、WYKO、SEM等。見たことも触ったこともない機器がたくさんあり、戸惑うことも少なくありませんでしたが「わからないことは自分から聞きに行く」というスタンスで仕事に臨み続けました。そんな毎日を積み重ね、新しいことを少しずつ覚えていくうちに、工学系で必要なスキルを幅広く習得できたと感じています。

理系職の醍醐味を感じながら、
異分野で経験を重ねたい

今は、品質保証部で半導体工業用テープの特性評価を任されています。粘着力がどの程度あるのか、引っ張ったときにどれほど力がかかるのか、熱いところや寒いところで劣化しないか等、テープの品質を確認する仕事です。何かトラブルが起きたときは、就業先の方と協力してその原因を探求し、解決策を模索します。仮説を立て、いろいろな側面からアイデアを出し合いながら検証する工程は非常に面白く、理系職の醍醐味を感じています。

顧客対応等、急ぎの仕事が重なると大変ですし、思うような結果が得られないときや想定通りに仕事が進められないときは辛いのですが、悩んだままじっとしていても何も変わりません。臨機応変に、適切に対処するにはどうすべきかを考え、上司や先輩に適宜相談し、受け身ではなく自分から動く姿勢を大切にしています。

手順が決まっている業務だけでなく、イレギュラーなことも発生する変化に富む仕事場なので、日常的に学ぶことがたくさんあります。今の環境で経験を重ね、人としても職業人としても成長していきたいと思っています。

エリアリーダーとサイエンス教室プロジェクトを経験

エウレカでは、東海エリアのエリアリーダーを務めています。就業先での評価アップを目指す後輩へのアドバイスや、定例会の運営、提出物のリマインド等、エリアリーダーとしてすべきことは多岐に渡ります。私が1年目のときは、困ったら先輩やエリアリーダーに何でも質問していたので、私もそのスタンスを継承し、後輩にとって頼れる存在でありたいと思っています。

プロジェクト活動では、子どもたちに理科の楽しさを伝えるサイエンス教室プロジェクトに参加しましたが、新型コロナウイルスの影響で現地開催が見送りに。サイエンス教室は遠隔で開催することになりました。遠隔開催は初めての試みなので、ノウハウはありません。皆で工夫を重ねて進めていく中、新たな課題が見つかることも珍しくありませんでした。就業先では実務作業がメインなので、資料を皆の前で発表したり、企画を一から立ち上げて試行錯誤したりする経験は貴重なものでした。リーダー経験とプロジェクト活動で、相手に伝える力が磨かれ、物事を多面的に見て行動できるようになったと感じています。

希望する進路を歩めるよう、
未来の可能性を広げたい

エウレカは、社員一人ひとりが望む進路に進むための取組みに、すごく力を入れている会社だと思います。自分から働きかければ、成長のステージをたくさん用意してくれるんです。そこで、どんな経験やスキルを習得できるかは、自分次第。それなら、自分から動いた方が得。そう思わせてくれる会社です。

私は、将来的には地元で働きたいと思っています。就業先変更も検討していますが、地元で良いところがあれば、出口戦略としての転職も視野に入れています。就職先をエウレカに決めた理由の一つが、選択肢が多いところ。学生時代の私は、世の中にどんな仕事があるのか、自分にどんな選択肢があるのか、何も知りませんでした。異分野への配属で得た新たなスキルは、未来の可能性を広げてくれたと感じています。

就業先で様々な知識を得て経験を積み、自分にとってベストな方向性を探りながら、納得のいく選択ができるよう、一歩一歩進んでいきたいと思っています。