今しかない時間を大切に、自分の未来を描いていきたい

働く業界:
医薬品メーカー

2020年度入社
農学生命科学専攻 修士課程修了

働く業界:医薬品メーカー

2020年度入社
農学生命科学専攻 修士課程修了

実践的な経験はない。
それでも研究職に就きたい

就職活動では、研究職に就きたいと強く思っていました。ただ、私は農学部出身で、学生時代の経験はフィールドワークが中心。実験に関して実務的なスキルはまったくありません。そんな中、「研究職」で調べてヒットしたのがエウレカでした。

研修制度がきちんとしている点に惹かれて、エウレカの説明会に足を運びました。そこで、ラボ的な知識や技術がなくても大丈夫かを相談したんです。返ってきた答えは「問題ないですよ」でした。必要なことを一から学びながら働ける点と、いろいろな就業先で様々なことを学べる点に魅力を感じ、エウレカへの入社を決めました。

正社員型派遣という働き方については、正直に言うと「派遣」という点に漠然とした不安がありました。けれども、実際に働いてみると、エウレカ社員と就業先の社員で分け隔てを感じることはありませんでした。福利厚生もしっかりしていますし、雇用形態について不安を感じる必要はなかったと感じています。

できることが増えていく過程が
楽しい

業務は医薬品の分析です。HPLCを用いて、抗がん剤等の定量試験や定性試験を行っています。定量試験では抗がん剤主成分の量を調べ、定性試験では抗がん剤に含まれる副成分や不純物の確認をしています。実験の関係で早朝出勤や力仕事が必要なこともありますが、治療に直結するものの品質を担保する仕事なので、そこにやりがいを感じています。

私には実践的な知識も経験もなかったので、ちゃんと仕事ができるのかという点が配属前はずっと気がかりでしたが、就業先は「一から教えるよ」という雰囲気で迎えてくれました。覚えることが多かったり、突発的な対応にあたふたしてしまったり。最初の半年は毎日が大変でしたが「任された仕事は何でも頑張ってやろう」「丁寧に対処しつつ、スピードも意識しよう」という気持ちで、日々の仕事に取り組みました。
できることが少しずつ増えていく過程は楽しく、先輩や上司から「試験の精度が高い」とほめられたときは、自分の成長を実感できました。

信頼される嬉しさ

所属部署の試験責任者は、私の教育も兼ねていろいろな試験を任せてくれました。最終的には、その人が担当していた試験のほとんどを私が担当することに。中には難しい試験もありましたが、「信頼しているから頑張ってね」と言われたのが本当に嬉しくて。その言葉は、今でもすごく励みになっています。

これまで誰も対応したことがない新規案件を任されたときは、信頼されている嬉しさと同時にプレッシャーも感じました。あらゆることが、手探り状態からのスタートなので、思うような結果が出ないときはつらかったです。それでも、何度も何度も上司に相談して、こうしたらいいんじゃないか・ああしたらいいんじゃないかと検討を重ねました。その案件がどうにか上手く進んだときは、「一つの成果を出せた」と大きな達成感がありました。

私の雇用元はエウレカなので、就業先の管理職になることはないのですが、立場の違いで疎外感を感じることはありません。任される業務内容や量は、就業先の社員と同じくらいか、むしろそれより上を期待されることもあります。
今後は、チームの試験予定を立てる業務も担当することになりました。実験に加え、業務管理という面でも多くを学んでいきたいと思っています。

様々なきっかけを、
ステップアップに活かしたい

エウレカでは、所属エリアのサブリーダーとして、社員が毎月提出する月報のフィードバックを行ったり、定例会の運営をサポートしたりしています。
誰かを評価し、アドバイスをする立場になってみて、相手を色眼鏡なしで見るむずかしさを痛感しました。関わりが多い社員につい肩入れしたくなったり、私より経験のある社員に遠慮してしまいそうになったりするんです。サブリーダーとしての活動を通して、先入観なく相手の本質を見る視点と、相手のバックグラウンドに合わせて接するスキルを磨くことができたと感じています。

2ヵ月に1回の定例会では、就業先の評価向上のために、どこをどう改善できるかを考える場があります。就業先で経験を積みながら、自分のキャリアや人間的なスキルを磨いていける。エウレカには、そんな総合職みたいな側面がたくさんあります。エウレカで得られる様々なきっかけを活用しながら、一人の社会人としても成長していけたらと思っています。

今しかない時間を大切に

知識や技術を身につけながら働ける点は、エウレカに入ってよかったと思えることの一つ。他の業界や大学での仕事も経験してみたいので、今の就業先での勤務が3年経ったら「再配属チャレンジ制度」を利用して、別の就業先で働けるよう希望を出したいと思っています。エウレカの採用活動にも興味があるので、いずれはプロジェクト活動にも携わってみたいです。
日々業務をするのは就業先ですが、所属するのはエウレカです。転職活動なしに、エウレカに在席しながらいろいろな道を考えることができるのは、エウレカのならではのメリットだと思います。

大学3年生のときに研究室に配属されてから、私はフィールドワーク漬けでした。今から考えると、学生らしいことをもっとしておけば良かったなと思うことがあります。学生と社会人では立場が違いますし、やりたいことを大事にするのはとても良いことですが、学生の皆さんは今しかない時間も大切にしてください。
私も、今の私にとっての今しかない時間、将来の選択肢を選べるこの時間を大切にしながら、自分の未来を描いていきたいと思っています。