新たな分野に挑戦し自分の可能性を広げる

働く業界:
サービス・Web

2015年度入社
生物分子科学専攻 修士課程修了

働く業界:サービス・Web

2015年度入社
生物分子科学専攻 修士課程修了

研究現場で実力をつけるために
エウレカに入社

就職活動で、研究職に絞って網羅的に企業を調べる中でエウレカに出会いました。高校生のころから研究に興味があり、大学と大学院でバイオ系を学んだ私が当時目指していたのは、製薬会社への就職です。他の会社に比べてエウレカは選考時期が早く、就職活動のスタートと同時に応募ができたので、選考過程の実体験をしたいと思いエントリーしました。

選考が進む中で、社員の人が、仕事に対する不安の解決や派遣の課題についても誠実に話してくれたので、信頼できる会社だという印象を持ちました。
最終選考で、エウレカは第2志望だと伝えたところ、「第2志望でもいい。自分の人生を考えて決めてほしい」と言ってもらい、社員のことを大切にしてくれる会社だと思いました。
希望する製薬会社への就職はかないませんでしたが、研究現場で実力をつけるためにエウレカへの入社を決めました。

希望の業界で夢に描いた仕事ができた

入社後、最初に配属されたのは製薬会社です。臨床試験と非臨床試験における分析業務を担当し、薬の効き目や毒性の有無を調べていました。
2社目の配属先も製薬会社でした。そこで担当したのは、新薬開発における化合物の分析方法の開発や物性改善の検討です。
希望していた製薬業界で、夢に描いた研究の仕事に就くことができました。派遣社員として研究に携わることで、幅広いスキルと知識が身につきます。私も現場で経験を積んで格段にスキルが上がり、2社目に配属されたときは就業先に歓迎してもらえました。

実際に研究職として働きながら、医薬品開発のむずかしさ、数千種類の候補の中から化合物を選ぶ難題に直面しました。その壁を越え、自分が開発に携わった薬が世に出て、病気に苦しむ患者さんの役に立てるのは大きなやりがいです。
そうして医薬品の開発業務に邁進する中で、驚くほどうれしいことが起こりました。私が物性を改善した化合物が海外の大手製薬メーカーの目に留まり、25億ドルで特許が買い取られたのです。そのときの気持ちは、今でも忘れられません。

できることの幅を広げた
エウレカでの活動

就業先で勤務しながら、エウレカでのプロジェクト活動にも参加しました。
入社1年目と2年目には、社員同士の交流を深めてエウレカへの帰属意識を向上させるプロジェクトに取り組みました。
3年目から5年目に参加したのは、研究ネットプロジェクトです。このプロジェクトでは、研究職で働く人の役に立つ情報を発信する「研究ネット」というサイトのリニューアルに携わりました。私は、大学生のころにホームページを制作する授業を受けたことがあり、その後も独学で作っていました。趣味の一環ではなく仕事で求められるレベルのホームページを作りたい、会社に貢献したい、と思ったのがプロジェクトに参加した理由です。5年目にはリーダーを務めました。

メンバーはそれぞれの配属先で働いているので、勤務時間が違う中、遠隔でのやりとりをしながら活動を進めなくてはいけません。そのため、お互いに報連相をこまめに行いました。スケジュール管理は大変でしたが、みんなで協力して成果を出すことができました。

内部異動で新しい仕事に挑戦

入社6年目にWDBの内部異動に応募しました。
研究ネットプロジェクトでホームページ作りにかかわり、制作フローや着眼点など、もっと多くのことを深く勉強したい、デザインの仕事がしたい、と思ったのがきっかけです。
希望がかない、プラットフォームを制作するグループ会社に異動し、画面の内容を企画するチームのメンバーになりました。
画面制作にあたっては、いろいろな部署の人と連携しながら、細かいことも確実に理解しあうことが必要です。そのようなやりとりを経て、企画した内容が実際の画面としてできあがったときにやりがいを感じました。

内部異動の魅力は、それまでの職種とは違う分野の仕事に挑戦できることだと思います。一般的な転職では未経験の職に就くのがむずかしい場合がありますが、WDBグループにはいろいろな仕事があり、未経験の職種に異動した人もたくさんいます。

現在は、社内で公開される動画制作を担当しています。見る人に伝わりやすく、クオリティの高い動画を作れるように知識やスキルを高め、いずれは人に教えられる立場になりたいです。

モチベーションを保って
仕事を続ける

自分が望んでいた研究職に就けるエウレカに入り、内部異動でやりたい仕事に新しく挑戦した私は、仕事に対するモチベーションが保たれています。就職活動をしている皆さんにも、自分がやりたいことと企業の方針がどれだけマッチしているかをよく考えて、仕事を選んでほしいと思います。

エウレカは多くの会社と取引をしているので、研究を続けたい人はいろいろな企業で実務経験を積めます。
内部異動で別の職種にも就けるので、仕事や職場環境を変えたいと思ったときは、新しいことにも挑戦できます。
もともと私は研究職での転職を考えていましたが、デザインに関することをやりたいと思うようになり、エウレカの仕組みを活用して思い描いた仕事ができるようになりました。これからも、デザインに関するいろいろな仕事やシステム開発などについて幅広い知識を身につけ、自分のレベルを上げたいと考えています。