エウレカについて正社員型派遣について

正社員型派遣の働き方について

人材派遣には「正社員型派遣」と「一般派遣」の2つの形態があります。
私たちが行っている「正社員型派遣」は、まだ認知度が高い事業形態ではありません。
そのためまずは仕組みを理解していただくこと、また正社員型派遣のメリット・デメリットを知っていただき、
この働き方が自分の目指す働き方、目標とマッチしているかどうか判断をした上で選んでください。

正社員型派遣と一般労働者派遣(一般派遣)

「正社員型派遣」とは派遣元が雇用する正社員を企業へ派遣する派遣の形態です。この場合、万が一、企業との派遣契約が終了しても派遣元と社員の雇用関係は継続します。一方、「一般労働者派遣(一般派遣)」では、仕事を探している人が派遣会社(派遣元)に登録し、希望にかなった仕事が見つかったときにはじめて派遣契約が締結されます。また、雇用関係も派遣契約期間中のみ継続されることになります。派遣先の企業内に常駐して働くという点では一般派遣も正社員型派遣も同じです。

図: 正社員型派遣

一般派遣では派遣契約ごとに派遣会社と雇用契約を結びますが、正社員型派遣では、就業していない期間があっても正社員としての雇用が保証され、給与が支払われます。給与の支払いは基本的に月給制で、年に2回ボーナスも支給されます。また、一般派遣と大きく違うのは、教育研修制度や福利厚生の充実です。社会人として必要な能力を身につけるため、派遣先業務以外の幅広い分野の教育研修も、派遣元で受けることができます。また、社会保険はもちろん、転居支援や家賃補助、資格取得支援等の福利厚生制度があります。

図: 一般派遣

図: 正社員型派遣
図: 一般派遣

正社員型派遣が求められる理由

多くの研究現場では、社会情勢や国家予算等の状況により研究テーマや取り組む方向性に大きな影響を受けやすいものです。
そういった現場の、専門的なスキルをもって職場で戦力になる人材を柔軟に活用したい、というクライアントのニーズにお応えするのが当社の正社員型派遣サービスです。

社員は、お客様である派遣先の求める業務内容、納期、レベルを理解し、それ以上の成果を出していくことが求められます。大学・大学院を卒業したばかりの新卒社員でも、実務経験は少なくても、仕事へのやる気や吸収力を持って職場を活性化させる要素になることが期待されています。

正社員型派遣のメリットとデメリット

正社員型派遣の働き方にはメリットもデメリットもあります。私たちは当社に興味を持っていただいた方には、メリットもデメリットもしっかりとお伝えし、理解してもらった上で、選考に臨んでいただきたいと思っています。
もちろん、正社員型派遣のメリットに共感して長く働く社員もいます。

一方で働くうちに、正社員型派遣のデメリットを自分のキャリア形成上の障害と考える社員もいます。私たちはこのような現実を正面から見つめ、メリットは強化していくための仕組みを用意し、デメリットはカバーする仕組みを整えています。

メリット

  • ・正社員としての雇用が保証されている
  • ・最先端の研究現場で、研究・実験の実務経験を積むことができる
  • ・転居支援、資格取得支援、各種研修等の福利厚生が用意されている
  • ・さまざまな職場でスキルを積んでいくことができる

デメリット

  • ・一つの職場で働く期間が派遣契約によって左右される
  • ・収入面の伸びしろが大手メーカーほど期待できない
  • ・任される業務の範囲に制限がある
  • ・研究・実験以外のスキルを身につける機会が少ない

私たちの取組み

メリットを強化するための仕組み

マッチング精度を高めるための顧客開拓の強化、複数の派遣先を経てスキルアップできる仕組み、希望に合わせた勤務を実現するための地域限定採用等、研究現場で長く働くことを望む社員のために取り組んでいます。

デメリットをカバーするための仕組み

働く期間・給与面・業務の範囲について

できれば定年まで勤め上げたい、年収も上げていきたい、責任のあるポジションを狙いたい…。仕事をする上でこのような想いを持つ人もいると思います。ただし、これらは派遣という形態ではなかなか実現しづらいのが現状です。そのギャップを埋めるために、エウレカではグループ会社で派遣以外の働き方を実現する仕組みを用意しています。たとえば、グループ会社で研究員として活躍する社員、研修講師として活躍する社員、営業担当として活躍する社員等活躍のスタイルはさまざまです。派遣では物足りないという人が挑戦する場がWDBグループにはあります。

スキルアップについて

研究に必要なスキルは派遣先で十分に身につきます。ただし、コミュニケーション能力や、プレゼンテーション能力等の基礎的なビジネススキル、またはステップアップを目指すためのマネジメント能力やプロジェクト管理能力等は派遣先で習得する機会はなかなかありません。このような“研究だけでなくさまざまな場面で活躍できる人材”になるために必要な要素はエウレカ社内で教育を行っています。入社いただいたら、まずは実験以外のことでも、より多くのことに挑戦し、実験だけではない自分の能力を見つけてください。多くの能力を身につけた人には多くの将来の選択肢が与えられます。エウレカの社員は研究職だけに限らず、選択肢が多い人材になってほしい。そう考えています。